手放す方法は捨てるだけではないと思う

『片付ける』の意味
「 物を適当な場所にきちんと入れ納める」「乱雑に置かれている物をまとめ整える
デジタル大辞泉より
ある程度は物の位置を考えて置いてたはずでした
    ↓
見直しをせず欲しいままに買い物をして
    ↓
決めた場所にもパンパンに押し込み
    ↓
更に入りきらなくて溢れていく
片づけても片づけてもの繰り返しで、見直せてるようで出来てない。
片づけって何だろう。時間とられたくないな~と考えました。
そんなことから昨年、物に埋もれた我が家を一掃するかのように片付けしまっくたのです。

ポイポイ捨てるという行為は感情なしだと容易にできます。
感情が入ると捨てることに抵抗してしまいます。
*まだ使える
*またいつか使うかもしれない
*もったいない
*どこかに収納できるところがあるかも

使わないのに置いてるだけの物に占領され、それに多くの時間をとられるのももったいないと思うようになりました。(掃除も大変だし)

捨てることがハードル高ければ、買取という方法やフリマやオークションなどの方法があることを知りました。
そして物を見ながら捨てるか・残すか・必要ならあげるか・売るかで仕分けをして、手放すことができ、空間にあきがでました。

仕分けした物はというと、まずは買取サイトを試してみました。
そこでの買取不可な物もあったのと、名がある物しか出せなかったので、その次はフリマやオークションで試してみました。
自分にとってハードル高いことでしたが、何とかやれて、捨てない片付け方ができました。

今は色んな事ができるようになったので選択肢も広げられそうですね。

毎回片づけに格闘するか、物を見直してすっきりさせるか、全ては自分の考え方次第で変わりますね。

どういう暮らしにしようかを考える時間をとり、自分の為の時間を作るために、片づけることに費やす時間を減らせるようにしたいです。

本日もお読みいただきありがとうございました♪

QualityTime~ ゆるく見直す暮らし

私にあった「ラクで管理しやすい」を目指して♪ 手帳や文房具を使った日々の生活を書き綴ってます。

0コメント

  • 1000 / 1000