理解するためのツールとは

思考の整理をするために、マインドマップを何度か試みました。
一応シンプルには書けます。
でも毎回何枚か書いてるうちにやめてしまいます。
なんでいつもそうなるのか考えてみると・・・
*枝分かれしたその配置が気になる
*字が斜めになるのが見にくい
*色分けは見やすいが枝では書きにくい
*真ん中のイラストに悩む
*ぱっと見で理解しにくい

こんな感じで思考の整理をする以前のモヤモヤ感があるからできないんだと思います。
でも食わず嫌いのような気がするし、1度習うことができたら書けるようになるかもしれません。

以前別の事ですが本や情報を見て使おうとしたものは、使いづらいからと登録だけしてほとんど使わなかったということもありました。
それを1度きちんと習うと、腑に落ちてできなかったものでも使えるようになりました。
なかなか理解できない事は、本を読むより習う方がいいと最近感じています。

イラストも模写なら描けるんですけど、想像では書けない。
そんな事も関係しているかもしれません。
マインドマップ書けるのはかっこいいという思い込みもあるかもしれません。

そんな私の最近のやり方はというと、紙に書きなぐった後に枠に収めて見やすいように清書してます。
ぱっと見で理解しやすく思考をひろげやすいのは枠かもしれません。


前はA4サイズの4分割されているノート (フィグラーレ マトリクスノート 無罫 A4 )や、無印良品の4コマノートを使ってみたりしましたが、サイズと紙質で断念しました。
最近は、枠も使いたい事に合わせて自作してます。

合う合わないがあるので、人それぞれ思考の整理をするための手段は違っていいと思います。
目的は書くことではなく思考をめぐらせるためになので、と考えると少し楽になりました。
変化もあるとは思いますが、それも楽しんで目的に合うやり方を確立させたいと思います。

本日もお読みいただきありがとうございました♪

QualityTime~ ゆるく見直す暮らし

私にあった「ラクで管理しやすい」を目指して♪ 手帳や文房具を使った日々の生活を書き綴ってます。

0コメント

  • 1000 / 1000